インテリア商品

  • 畳商品
  • 襖商品
  • 障子商品
  • インテリア商品
  • インテリア商品
  • トップページへ
  • 余白

インテリア商品

日本におけるインテリアの概念は西洋とは大きく異なっています。その原因の一つには気候の違いということが言えるでしょう。西洋は年中を通して降雨が少ないため乾燥している代わりに、日射しが弱い。そのため気温は低く、冬の寒さが厳しい。そのため、丈夫な壁を施し、室内に暖炉を配し、熱を外に逃がさない家造りが行われてきました。インテリアはそのような家を装飾するための手段であり、より住みやすい室内環境の向上を目指したものと言えるでしょう。 対して、日本の気候は年中を通して温暖湿潤で、夏の暑さを避けるための工夫が施されています。畳張りで、間仕切りには開閉可能な襖や障子が配され、家の中に風がふんだんに通るように工夫されています。また、インテリア、エクステリアといった概念はなく、室内と室外が一体化して一つの家となっていました。日本庭園などでも建築は庭園を構成するひとつのパーツとして取り込まれています。 現代の住宅は、住み手の家族全体が目ざす生活観がもとになり、生活を営むうえでの楽しさと快適さを確保し、居住地の景観として社会的な評価をも得られるようにつくることが求められています。ことに、住み手が暮らす室内空間のインテリア(壁紙、カーテン、畳、襖、障子等)は、住み手の個性の表現でもあり、また安らぎやくつろぎを与えてくれるものの一つといえるでしょう。

  • 製品情報
  • 畳
  • 襖
  • 障子
  • インテリア商品