襖の紹介

  • 畳商品
  • 襖商品
  • 襖商品
  • 障子商品
  • インテリア商品
  • トップページへ
  • 余白

襖の話

平安時代の寝殿造りで使われた衝立、屏風、明かり障子などの調度品から生まれたこの襖は、古くからある日本独特の間仕切り建具です。名前の由来は、間(部屋、空間)を臥せるという、「臥す間」からきています。
平安時代中期以降になって、引き違いにする遣戸障子が登場し、鎌倉、室町時代に書院造りの完成とともに現在の襖の形式が完成されました。
和室にとっては畳と同様、欠かせない襖は、人数が増えた時などに続き間の襖を取り外して部屋を広げられる可変の壁という利点があります。そして、自由自在に間仕切ることができます。つまり襖は、片手で動かすことのできる動く壁の役割を果たしています。

調音・調湿性

襖は木と紙でできています。その構造は、木でできた骨組みに紙を重ねてできている形ですので、紙と紙の間に空気の層ができています。
この空気の層が、夏の暑いときは室内を涼しく、冬の寒いときは室内を暖かく保ちます。 また、湿度が高くなると、襖が湿気を吸収し、湿度が低くなると湿気を放出します。こうして、室内の温度や湿度を一定に保つ効果があるのです。 ほかにも、和紙が空気中のカビ、ホコリ、アンモニアなどの有機物を吸着する機能を持っていることが最近の研究でわかっています。

間仕切り

襖には鍵の付いたドアのような効果はありませんが、日本的な曖昧な隔たりをつくり出します。襖を動かすだけで、2つの部屋を1つの大きな部屋に変えることができたりと自由に部屋の広さを変えられます。 この動く壁(襖)は、私たちの住まいをよりうまく活用するにあたり、とても重要な役割を果たすことができるのです。

  • 製品情報
  • 畳
  • 襖
  • 障子
  • インテリア商品