畳表の選び方

  • 会社概要
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 工場の紹介
  • 会社概要
  • 会社概要
  • トップページへ
  • 余白

畳表の選び方のポイント

どの部屋に、どのような畳を選べばいいのか、畳店のアドバイスを参考に納得いく最適な畳表を見つけてください。
 お部屋の用途としては、本格的な茶室、伝統的な書院の座敷や、居間・寝室・子供部屋などのほか、洋間のリビング畳などがありますが、使用頻度、工事予算、嗜好性といったいろいろな面からも考慮していきたいものです。

ポイント1~藺草~

イメージ画像

畳表は、材料(藺草)の良し悪しで畳表のランクが決まります。 一般的に長く、根元から先端まで均一な太さ・色・一定の長さを有した藺草が「良い藺草」とされています。 また、有機栽培や農薬不使用で育てられた藺草は、大変美しく、丈夫で長持ちし、健康面にも配慮できます。

ポイント2 畳表の織り方

一本一本の藺草が均一な太さ・色・長さを有した良い藺草を使用して織ってあるかはもちろんのこと、使用している藺草の本数(密度)によっても畳の良し悪しが決まります。前述にもあるように、最高級品では1帖の畳表に約8,500本もの良質な藺草が使用されています。そのため、肉厚で畳表の溝が深く、非常に美しいものに仕上がります。 (サンプルを実際に見て、触って確かめることをお勧めします。)

ポイント3~糸~

畳表を縫う経糸にも種類があります。(畳表は、藺草と経糸で織られ構成されています。) 大きく分けると麻糸と綿糸の2種類があります。麻糸の方が強く、多くの藺草を織り込めるため高級品に使用されます。綿糸は、中級品・下級品に使用されています。

ポイント4~新素材(イグサ以外を使った畳表)

近年、藺草を使用した畳表以外にも、和紙を使用した畳表や化学繊維を使用した畳表もあります。 そうした新素材の畳表はカラーバリエーションが豊富で、丈夫で変色しにくいなどそれぞれに特徴があります。

  • 製品情報
  • 畳
  • 襖
  • 障子
  • インテリア商品